小さなクリスマス (08/12/25)

「なんだ、雨かよ…」

男は首筋に痺れるような

冷たい水滴を感じ

星の見えない夜空を

見上げてそう呟いた



幸せそうに腕を絡ませる

カップルを横目に

男はコンビニから

小走りに車に駆け込む…


弾けるような笑顔で

コンビニの明かりの中

じゃれあうカップルを一瞥し

冷え切った暗い夜道へ

車を出す…



助手席には

今買ったばかりのからあげ…

随分と

スケールダウンした

七面鳥だ…


家に帰っても家族は寝ている

男の帰宅時間が遅いのだから

子供のいる家庭では

それは当然のこと…


わかってはいる…


自嘲気味にわずかに口を歪め

少しでも聖なる夜を

味わおうと…

助手席で湯気をたてる

小さな小さな

クリスマスに手を伸ばす…



突然

横路から現れる

ヘッドランプの灯

男はブレーキを踏み込む…




何事もなかったかのように

去っていくテールランプを

眺めてから

改めてアクセルを踏む…



助手席に手を伸ばすと…

そこにあったはずの

小さな小さなクリスマスは


もはや食べ物ではない

肉塊となって…

車の床に転がっていた…





…三秒ルール

…適用しようかな(-_-)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック